• ジャンゴ

9月よりTVCM 放送開始。主役はバレエダンサーと音楽。

本日、9月より放送予定のTVCMの告知をソーシャル関係で案内いたしました。

大好きなNHKの美の壺の録画を鑑賞しつつ、本日の鑑賞は「華やかに物語るバレエ」


美の壺は初代の案内人、谷啓(たにけい)さんから観ている番組💛です。


バレエはダンサー、音楽、衣装、照明、舞台の総合芸術ですね。

華麗なバレエダンサーのテクニックや技、指先や身体の動きや表現力で、観るものに全てを伝える!


能や日本舞踊もそうですが、言葉を語らないのに表現だけで感情移入させるって凄いですよね。


今回、EMUミルキーナノローションの素早く浸透力、潤い続く保湿力をダンスで表現してくださった若きバレエダンサーさんは、吉留 諒(よしどめ りょう)さんです。



美の壺「華やかに物語るバレエ」からのお言葉!

「技の要は細部に宿る」

基本はいつ切り取っても美しい事!


TVの中で男性ダンサー プリンシパルの方が片足で踏み切る「グラン・ジュテ」はより高く!


なるほど!吉留さんの、あの動きはグラン・ジュテ!でしたか。

この番組を観てから、撮影に挑めば良かった!とつくづく思いました。


7月に行われた当日のCM撮影は、朝が早くて(笑)皆さんに飲み物や諸々買い出し、アシスタント兼で快適な撮影が行われるようにとジャンゴは裏方を頑張りましたので撮影の時は撮影のプロにお任せして気が抜けた休憩モード(笑) 


リハーサルのスタジオとは違い、広さがある代官山カラート71での本番はリハーサルと違い、ダイナミックで優雅な動きでしばし見惚れてうっとり。


そして、録画した美の壺の中のテレビのシーン

白鳥の湖のシーンでは、女性を支えながら手の先と足先をペア―で揃えて鳥のシェイプに見えるよう表現されていました。

女性が上げた足と平行になるように腕を伸ばし手足を長く魅せることで、どこまでも続く羽を表現できるとか。


どこまでも続く羽!素敵。次回は、女性もペアで起用して恋するEMUを表現してもらいたい!



そして「バレエ衣装」

今回、衣装を担当してくれた椿屋の羽生さん。

現在は、着物生地から、音楽家の舞台衣装やウェディング、日常のドレスや小物をオリジナルで制作されておりますが、以前は劇団四季や六本木あたりのショーの衣装などマルチに活躍されていたそうです。

そしてジャンゴの好きな美の壺「ポップアートを先取りした銘仙」のツボで、銘仙を用いてドレスや帽子制作で出演された事も。

また、彼女は年に数回、髪を伸ばしてヘアードネイションもされています。

撮影時の羽生さんは長ロングヘアー。

ドネイションされる髪を頂く方は、彼女のパワーも一緒にゲット出来ますね!


衣装に関して、EMUの羽を意識してなどなど様々なアイディアを出してくれまして今回は舞台衣装というよりは普段の日常のワンシーンを意識しつつ、EMU(鳥)のイメージを意識して羽の柔らかさ、羽毛と外羽のグラデーションを色違いのブルーを重ねて表現。


ダンサーが動きやすいよう、写真家マンレイのバレエダンサーの写真を参考にサリエルパンツぽく制作してくださいました。


そして、お嬢さんがバレエを習っていて男性バレエダンサーさんの動きを観たい!との事で撮影当日は、お母さんと一緒に見学に。

先月行われた発表会ではお母様が制作したバレエ衣装を着て、とっても楽しそうにバレエを踊っていました。



「あんなに、人見知りさんだったのに舞台では生き生きとチャーミング!本番に強いって凄いね」と話してました(笑)

お母さんの手作りのバレエ衣装で発表会に立つなんて、きっと良い思い出になりますね。

素敵なお母さんです。



最後にバレエ団の芸術監督のお言葉。

ダンサー、音楽、プロデューサ、衣装、照明など大勢で一つの表現を理解してお客様に見せる。それこそが舞台芸術であるバレエの神髄。


仰る通り!パチパチパチ。

今回の撮影に際して、一つのストーリーを皆さんで共有して表現して頂き本当に有難うございました!


次回、発売予定のサプリメントの動画を撮影する時も、多くを語らず表現と音楽で華やかにストーリーを語りたいなーと思っております。構想だけは頭にあります(笑)


そして、9月のKBS放送さんのCM枠は下記の通り。


宝塚ファン必見の番組、宝塚カフェブレイク、旅タカラジェンヌの2番組!


30代にして、キュートで美しいパク・ミニョン!出演「キム秘書はいったい、なぜ?」


希望通りの番組枠を取っていただいたKBS京都放送さんにも感謝、感謝でございます。


宝塚ファンの方には、音楽、踊り、表現力、でEMUミルキーナノローションの物語がお分かりになるかと。


放映日は、どんな感じで流れるのでしょう。楽しみ!椅子に正座して観ます(笑)


そして、カメラマン深谷さんのアシスタント猿渡さんがメイキング動画を撮影して

してくださいました。


こちらは、1分48秒のフルバージョンなので、フル演奏の堀さんの楽曲と演奏、高橋さんの深いチェロの響き、幡田さんのピアノの音色、撮影に挑むバレエダンサーの吉留さん、動きを指示しながら撮影に挑むカメラマンの深谷さん、衣装にアイロンをかける羽生さん(笑)が楽しめますよ。


日本語版のCMはKBS京都放送さんのみ公開とし、

英語版のCM[動画(30秒)、メイキング動画のYoutube公開は、9月10日(大安)にアップしたいと思います。どうぞお楽しみに!